Home > アプリケーション > 航空宇宙

Gas Sensing SolutionsのCO2センサーは、チャレンジングなアプリケーションで使用されてきた歴史があります。たとえば、CozIR®-ACO2センサーは、過酷な環境で耐えるように特別に設計されており、国際宇宙ステーションで空気の質を監視するために採用されました。

航空機のキャビンやコックピットなどの限られたスペースでは、CO2レベルが新鮮な空気よりも高くなります。二酸化炭素レベルの上昇が頭痛、眠気、集中力の低下、認知力の低下、注意力の喪失などの健康に影響を与えることはよく知られていますが、航空機のCO2レベルは現在インテリジェントに管理されていません。

航空機には環境制御システム(ECS)が装備されており、搭乗中の乗客の保護、快適さ、および生命支援を提供します。これらのシステムは、乗客と乗務員の環境を監視および制御しますが、柔軟性がなく、実際の空気の質を管理するには不十分です。

CO2レベルを義務付けられた上限未満に保つには、航空機のエンジンから外気を吸い込む必要があります。外気を取り込むことは、乗客の健康、乗務員の認識、汚染物質やウイルスの削減にとって重要です。しかしながら、必要以上に新鮮な空気を取り込むと、燃料消費量が増加し、運用コストが増加します。航空機に引き込まれる空気は、リアルタイムの空気品質を監視した結果ではなく、設計によって定義されています。

航空機の乗客室にCO2センサーを配置し、屋内のCO2レベルを測定することで新鮮な空気の良い指標となるため、ECSのインテリジェンスを向上させることができます。 CO2センサーを追加すると、ECS機能が向上し、飛行機のオペレーターがリアルタイムで積極的に空気の質を最適化し理想的なCO2レベルのバランスを保持することで、スタッフと乗客の安全と快適さを確保し、運用コストを最小限に抑えることができます。

CO2レベルを義務付けられた上限未満に保つには、航空機のエンジンから外気を吸い込む必要があります。外気を取り込むことは、乗客の健康、乗務員の認識、汚染物質やウイルスの削減にとって重要です。しかしながら、必要以上に新鮮な空気を取り込むと、燃料消費量が増加し、運用コストが増加します。航空機に引き込まれる空気は、リアルタイムの空気品質を監視した結果ではなく、設計によって定義されています。

 

航空機の乗客室にCO2センサーを配置し、屋内のCO2レベルを測定することで新鮮な空気の良い指標となるため、ECSのインテリジェンスを向上させることができます。 CO2センサーを追加すると、ECS機能が向上し、飛行機のオペレーターがリアルタイムで積極的に空気の質を最適化し理想的なCO2レベルのバランスを保持することで、スタッフと乗客の安全と快適さを確保し、運用コストを最小限に抑えることができます。

まず第一に必要なことは、航空機周辺のさまざまなポイントでのCO2レベルを知ることです。センサーは、温度、振動、気圧の変化の影響を受けるため、困難な客室内環境に対応できる必要があります。

GSSのセンサーは、高信頼性が要求される航空宇宙アプリケーション向けに特別に設計されたCO2センサーであり、DO-160規格、環境条件、および航空機搭載機器テストに要求される条件を満たしています。

GSSのCO2センサーはすべてソリッドステート設計であり、ノイズが多くストレスの多い環境に対し強い耐性を持っています。機械的振動によるセンサーの変化は簡単に修正できないため、これは非常に重要です。

航空機の運用飛行中で機能するように、気圧補償アルゴリズムも開発されました。センサーに搭載された各CO2読み取り値は、このアルゴリズムを使用してリアルタイムで調整され、気圧調整されたCO2測定値を提供します。

センサーは、ほぼリアルタイムでCO2レベルを監視し、ECSが使用する新鮮な空気の量を管理することで、客室内の空気質を最適化し、空気質と運用コストのバランスをとることができます。

ダウンロード

Using CO2 Sensors for Aircraft In-Cabin Interior Air Quality Monitoring
ホワイトペーパー
pdf - 327 KB
[DOWNLOAD]