Home > 産業 > 生命科学

àインキュベーター用のGSS CO2センサーは、              前例のない忠実度でガスレベルに応答し管理することを可能とします。 CO2インキュベーターは、細胞の自然環境を模倣し、条件が一定であることを保証するように設計されています。 インキュベーターにはさまざまな種類がありますが、ほとんどはCO2、相対湿度、温度、pHを一定のレベルに制御するように設計されています。

細胞培養インキュベータで使用されるCO₂センサーは、応答性が高く、正確で、長期間にわたって安定している必要があります。 インキュベーター内の望ましくない変化は培養に悪影響を与える可能性が高いため、CO₂レベルがいつ変化したか、またどの程度変動したのかを監視し、それに応じて対応できることが重要です。 高湿度環境のため、特に滅菌プロセス中の高湿度レベルの影響を軽減するための措置も講じる必要があります。 センサーが結露すると、センサーは不正確な結果を報告してしまいます。

微生物インキュベーターは本質的に温度制御されたオーブンであり、厳密な生物学的範囲内で機能し、主に微生物培養の培養と保管に使用されます。これらのインキュベーターは世界中の研究所で見られ、不可欠な機器です。医療ラボと生物学ラボはどちらもインキュベーターを使用して、培養を成功させるための適切に制御された環境を提供します。

インキュベーター内で培養された培養物は、非常に特殊な環境条件を必要とします。通常、インキュベーターを使用すると、ユーザーは温度、相対湿度、二酸化炭素レベルなどのさまざまな要因を監視および調整して、増殖培地のpHを制御し、最適な増殖条件または保管条件が維持されるようにすることができます。

すべてのGSSセンサーは、最大95%RHの非凝縮環境で動作するように設計されていますが、適切な設置注意を払えば、GSSには、ExplorIR®およびSprintIR®ファミリーのセンサーを含むインキュベーターアプリケーションに最適なセンサーがいくつかあります。これらのセンサーは通常、10〜20%のCO2濃度で動作するように設計されており、いくつかのガス接続オプションを付属しています。

インキュベーターのブロック図

生命科学
製品提案
生命科学
ExplorIR®-M
  • 標準精度70ppm
  • 最小設置面積のCO₂センサー
  • 1秒あたり2回の読み取り
  • 最大100%のCO₂測定範囲

この小さな設置面積のコンパクトなセンサーで、広範囲のCO2レベルを確実に測定します。 過酷で急速に変化する環境や不安定な条件に適しています。

 

続きを読む

生命科学
ExplorIR®-W
  • 標準精度70ppm
  • 最小設置面積のCO₂センサー
  • 1秒あたり2回の読み取り
  • 最大100%のCO₂測定範囲

ExplorIR®-Wは、オプションの温度と湿度の検知、およびオプションのアナログ出力を備えた、柔軟な広範囲の低電力CO₂センサーです。

 

続きを読む

ダウンロード

High-Speed Sensors Improve CO₂ Response Time for Incubators White Paper Revision 2.0
ホワイトペーパー
pdf - 356 KB
[DOWNLOAD]