Home > テクノロジー
テクノロジー
GSSセンサーは、ターゲットガスを検出する光源としてソリッドステートの超低電力LEDを使用します。

GSS NDIRガスセンサーのコアにはGSS社内製の赤外線LEDを使用しています。CO2ガスによって吸収された光量は最先端の光学部品と検出器で検知され、超低消費電力の電子回路にてガス濃度を算出いたします。

低消費電力、高速、応答性の向上。

GSSセンサー内でLEDを使用すると、従来の光源に比べていくつかの利点があります。 それらははるかに低消費電力であり、センサーは何年もの間バッテリー電源だけで動作することができます。 また、より高速で応答性が高く、医療およびライフサイエンスアプリケーションでの超高速CO2測定に適しています。

テクノロジー
テクノロジー
自社製のLEDとフォトダイオードにより最適なセンサー性能を実現しています。

GSSは、英国にある自社の最先端の分子線エピタキシー(MBE)施設を使用して、高度な中赤外線LEDと光検出器を開発および製造してきた長い実績があります。 発光ダイオード(LED)とそれに付随するフォトダイオード(PD)検出器は、分子線エピタキシー(MBE)リアクターを使用して結晶基板の表面に半導体層を順次エピタキシーすることによって形成される半導体デバイスです。 LED放射は活性層で生成され、LEDの発光波長とPDのスペクトル応答は、活性層の材料のエネルギーギャップによって決定されます。

自社製のLEDと光検出器が妥協のないセンサー性能を発揮します。

G S S  CO2センサーは、LEDの短い起動時間と低消費電力が大きな利点を提供するバッテリー電源アプリケーションでの使用に最適化されています。 非常に高速な電源投入と応答時間のため、電力に敏感なアプリケーションを対象としたセンサーの場合、GSSは、LEDを定電流で実行するのではなく、LEDを「パルス」することを選択しました。 この戦略は、バックグラウンドIRの影響を排除し、LEDに常時電力を供給する場合と比較して消費電力を95%以上削減できます。

テクノロジー
テクノロジー
急速に変化するガスレベルを高い測定速度で測定するように設計されたCO2センサー。

GSSセンサーは、実用的でありながら柔軟なデジタルフィルタリングを備えた高速電子回路設計と、ガスの停滞量を最小限に抑える短い光路長などにより、高速応答を実現しております。

正確で高速かつ高解像度のサンプリング機能と組み合わせることで、比類のない忠実度でCO2波形を分析する機能をユーザーに提供します。